So-net無料ブログ作成

中古のWindowsマシンを Linuxマシンに変身 [ネットビジネス]

中古のWindowsマシンを Linuxマシンに変身


 

中古Windowsマシンを購入

FUJITSU LIFEBOOK A572/E の中古品をネットで検索してポチしました。
送料を含めて 28.188円なり。
 


届いた A572/E の梱包を解いて電源オンした状態。
届いた A572/E の梱包を解いて電源オンした状態。


 
購入目的は、この中古WindowsマシンをLinuxマシン(Ubuntu)に変身させるためです。
購入時に、このLIFEBOOK A572/E を選んだ理由は CPU が Core i5を搭載した CPU だったからです。

中古WindowsマシンをLinux(Ubuntu)に変身!

あらかじめ用意しておいた Ubuntu インストール用DVDで起動し、インストールをしました。

* → Ubuntu の入手先(書籍などに付属しているDVDを使うと簡単です。)
アマゾンのサイトで「本 ubuntu インストール」を入力するとザクザクと該当する本が出てきます。
インストールDVD付きの本を購入するなら発行年月日が新しいほうが新しいヴァージョンのUbuntuがインストール出来るので手間がへります。

インストールする時は、Wi-Fiではなく有線Lanで繋いでおきましょう

「Install Ubuntu」を選び、表示される選択肢から自分の環境に合わせて選択していきます。
作業が終わったら、インストール作業の間にコーヒーでもいれてのんびりとインストールが完了するのを待ちます。

インストール完了のメッセージが出たら「今すぐ再起動する」をクリックしてインストール完了です。
 



1時間かからずにUbuntuに変身


 
1時間もあればインストール作業が終了し、Windowsマシンが Linux(Ubuntu)マシンに変身します。

インストールしていて感じたのが、4G積まれているメモリを8Gにすると、ハードディスクのスワップが減りそう・・・。という事でした。
アマゾンで「BUFFALO ノートPC用互換増設メモリ PC3-10600(DDR3-1333) 4GB×2枚組 D3N1333-4GX2/E」(6,980円)を購入しました。

MS Office互換ソフトもすぐ使えます


MS Office互換ソフトもすぐ使えます


 
普通に Ubuntu をインストールすると、MS Office互換のLiverOffce がインストールされています。

 

    LiberOffice のラインナップ

    • Writer:ワープロソフト

    • Calc:表計算ソフト

    • Impress :プレゼンテーションソフト

    • Draw:ドローソフト

    • Base :データベース管理システム

    • Math:数式エディタ


 
Microsoft Office と LiberOffice の機能比較は
→ 機能比較:LibreOffice - Microsoft Office - The Document Foundation Wiki を参考にしてください。

LiberOfficeはMS Officeと完全互換ではありませんので、あなたがオフィス関連ソフトをどのように使うかによって Ubuntu のインストールの仕方も変わってきます。

参考になるサイト (「ubuntu デュアルブート」で検索 )
Windows10とUbuntu18.04をデュアルブートする




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。