So-net無料ブログ作成

htmlソースを書いてブラウザに helloと表示させる [ネットビジネス]

htmlソースを書いてブラウザに hello と表示させる


 

ブラウザーにhelloと表示

Webサイトに表示させるためHTML(Hyper Text Markup Language)言語で記述するのが一般的です。
 
ブラウザに「hello」と表示させるために vi エディタで test.html を記述します。
書き上がった test.html をブラウザーにドロップして、 htmlファイルの内容を表示させます。
 

 

<html>
<head>
<title>test</title>
</head>
<body>
<p>hello!!</p>
</body>
</html>

 

HTMLタグの基礎

< と > で囲まれたものをタグといいます。
タグは <タグ></タグ> の対になっています。

基本のタグ
<html> </html>
 HTMLで書かれたファイルと宣言します。
 文書全体を<html>タグで囲みます。
<head> </head>
 Webページの基本情報が書かれます。
<title> </title>
 Webページのタイトルを指定します。
<body> </body>
 Webページに表示される内容が書かれます。


 

 

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
 <title>タイトル</title>
</head>

<body>
 Webページに表示する内容
</body>

</html>


 
これが HTML の最低限の雛形になります。

必ず覚えるタグ

<p> : 段落を示します。

<br> : 改行

<h1> <h6> : 見出し (h1 から h6 まで6段階)

<div> : タグで挟まれた部分をグループ化します。

<ul> : リスト表示

<ol> : 番号順にリストを表示

 

CSSの基礎

CSS(Cascading Style Sheets)は HTML と組み合わせて使われる、Webページのスタイルを指定するための言語です。

HTMLで文書構造を指定し、CSSはスタイルを指定。 → 文書構造とスタイル指定を分離して管理するために CSS が使われるようになりました。



「html 書き方」をキーワードにして検索した結果は次の通りです。

 

「css 入門」をキーワードにして検索した結果は次の通りです。

 




スポンサーリンク






nice!(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。